読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

線路の向こう側

旧永久に続けよ鉄の道(はてなダイアリー)から移行しました。更新頻度は低めです。

TOMIXから発売される寝台特急あけぼののさよならセットの考察

鉄模

散々迷った挙句、予約に踏み切りました。
TOMIX �����i �i�q �Q�S�n�u�����Ȃ炠���ڂ́v�Z�b�g
税込定価41256円ということで、安い買い物ではないのですが、現時点で予約すれば30000円以下で購入できますし、結構今回は売れるんじゃないかと思います。


購入理由1 幅広い種類の機関車の牽引が可能
定期列車のあけぼのは実は平成10年(1998年)から基本的な編成は変わっていません。
その間に様々な機関車の牽引実績があります。
・EF81(青森車、田端車北斗星カシオペア、レインボー色含む)
EF64-1000(長岡車、高崎車茶色1001含む)
EF64-0(長岡車青、茶色含む)
・DE10重連北上線迂回時)


購入理由2 最大13両編成のあけぼのを再現するにはTOMIX製好都合
あけぼのは多客時に11〜13両編成になることがありました。
オハネ24or25×1〜3とオハネフ24or25×1を用意すればいいでしょう。
これがなかなか面白くて、白帯銀帯金帯折り戸引き戸ごちゃまぜです。元あさかぜ車や北斗星用など適当に組めばそれっぽくなるという感じです。
限定品の本セットは9両中8両が金帯というあけぼのにしては金帯率の高い編成となっていますので好みで白帯や銀帯を混ぜてやるのもいいかもしれません。


購入理由3 EF641031
最終日の牽引機関車はEF641031でした。この機関車は双頭連結器装備で入出場回送、廃車回送など牽引実績が多数あります。それらの回送列車を再現するにもうってつけです。


以上の理由から予約に踏み切りました。
2014年1月には寝台券を確保して乗りに行っただけに、思い入れもあります。手元に置いて思い出とともに大切にしたいと思います。