線路の向こう側

旧永久に続けよ鉄の道(はてなダイアリー)から移行しました。更新頻度は低めです。

松屋銀座模型ショー

月1000円だった小遣いを一年貯めて、12000円を握り締め、年に一度松屋に行った小学生時代。

受験の為に2年おきに行った中高生時代。
いつの時も財布に優しい車輌を提供してくれる松屋に幸あれ!